スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考日記

今日は私の考えが揺らぎそうになったのでここに書き留めておく。

今日、夕食の食卓で弟に「食べるために死んでいった食材達には感謝しなければいけないよ」といったところ、「人間と動物は違うんだから、人間の感情を動物に当てはめてはいけない」と言われた。
私は「人間は所詮動物だ」と言ったが、「人間は社会構造を持ち、思考することができる唯一の存在だ」と言い返された。
私は「どこかで聞いたことがあるけど、生きていることに意味があるんじゃなくて、生きることに意味があると言うけれど、食べられるために生まれてきた存在のことを無視した考えだ」
「養殖されてシステマティックに殺されていく生き物達にも感謝をするべきだ」と言ったところ、「生き物は増えるために生きている、だから生きる意味はある」と言った。
弟はさらに「生きる目的を果たしているんだから、感謝をする必要はない」と言った。
この言葉に衝撃を受けた。
私は自分が揺らいでしまったのを感じた。

しかし私はよく考えた。
生き物は増えるために生きているんじゃなくて、それは単に本能で増えるんだと思う。
さらに突き詰めて言えば単細胞生物などの脳のない生物も分裂して増えるので、すべての生き物というのは「増える目的」があるんだと思う。
「目的」というのは「意味」ではない。
では何故生き物は増えようとするのか。

化学の世界では、量子に重さが確認されてから、この宇宙は今は膨張しているが、量子が重さによって引き合い、最後にはすべての物質が一箇所に集まり、宇宙は何もなくなってしまうという仮説がある。
そしてその超巨大ブラックホールが重さに耐え切れなくなったとき、ビックバンが再び起こるだろう。
この宇宙は膨張と縮小を繰り返しているわけだ。
つまりこの世界の物質は、一度バラバラに壊れたことを覚えていて、それが怖いからたくさん増えようとするのかもしれない。

あるいは、単純に、すべての生き物は増えようとする野心的な「欲望」があるのかもしれない。

まぁどちらでもいいと思う。
人間が他の生き物を食べるためにその「増える目的」を阻害しているのは明らかだ。
私は誰かが何かの自由を奪うというのが大嫌いだ。
だから人間がその「増える自由」を奪ったときには、感謝を忘れてはならないと思うのだ。
私は養殖でさえしてはいけないと思っている。
養殖は一見増える自由を奪っていないようでも、ある一定以上の個体数には絶対にならないので、やはり自由を奪っていると思う。
何故ならいくら増えても食べられてしまうからだ(あるいは食べられずに捨てられてしまう)。
本来なら人間は自分の手で殺した生き物しか口にするべきではないと思っている。
まぁさすがにこれは行き過ぎた考えだけれども。
しかし、やはりお店で買ってきた食材だって自由を奪われたんだから感謝したほうがいいと思う。

というわけで、「食べるために死んでいった食材達には感謝しなければいけない」の考えはそのままで、私のアイデンティティーは守られたのであった。


とっても読みづらいのに読んでくれた人、ありがとん!

コメント

難しいお話でしたね!
人間ってこの世界で最も弱い生き物だと思う。
他者を傷つけることでしか自分を守れない。
戦争もそういうこってすわな。
食べ物に関しては、動物のみならず植物の命も
奪っているわけだから感謝の念は忘れちゃいけないと
私は思ってる。
だからといって野菜嫌いな私は野菜食えないんだが・・(笑
只、動物の生きる目的つーのは人間が決められるもんじゃないと思う。
増えるために生きているというのであれば人間もその通りであり
犯罪者に殺されても文句言えないってことになるわけで(子供生んで増やせば目的果たしましたよってことでね)
人間が立派だとか動物は人間様より下だとか
そういう気持ちがあるとダメなんだろうね。
まぁ食べ物だけに限らず、自分のために何かしてくれたとか
他者に感謝は常に忘れちゃいけないってことですな。
それが思いやりにも繋がり、明日への糧になる。
そう私は思いますですょ。

やさいを食べよう

確かに目的を果たしたからといって命を奪っていいわけはありませんよね。

私が口にするすべての生き物それぞれに感謝をしたいのですが、カップラーメンとかいったい何が使われているのかわからないような物もあります。
そういう「何がはいってるんだかわからない物」に少しウンザリしてます…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者しか見れませんが、コメントしました。

命を尊いと思うのは人間だけです。
命を奪っていい訳がないと思うのも人間だけ。
恐らく。
動物や植物がその気持ちに答えてくれるなら、いくらでも哀れんでやってください。
でも俺がもし動物ならこう返す。
「何故謝る必要があるんだ?弱肉強食の世界じゃそれは当然のことだろう?」って。
人間は、動物に問い掛けてるようで、所詮人間に問い掛けてるだけに過ぎませんよ。

感謝をする必要はないと言ったのは、感謝という感情は人間に向かって使って初めて理解されるものだから、という意味なので決して感謝してない訳じゃないぞ!
死んでった生き物に対して哀れむのはエゴだが、エゴでもいいから理解されずとも生き物に感謝するっていうのが人情だろう!
自然界で弱肉強食という気高いルールの中で生きている動物を尊敬して、食わせてもらってるんだからせめて自然界からのはみ出し者として考える力を授かった人間が動物に動物代表として感謝したっていいじゃないか。

まぁ要約すると"エゴだと自覚した感謝"をして欲しかった、というのが俺の意見です。
っていうか夕飯の時じゃ食うのに集中して考えがまとまr(ry

人のアイデンティティーが崩壊するのを見てニヤニヤすることにします(ぉ
崩壊するまで何度もいろんな説を投げかけるぞ(ぇ
お騒がせしました。退散。
非公開コメント

プロフィール

Durandal

  • Author:Durandal

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。