変な日記7

僕は君の不幸を吸い取ってしまいたかったが、どうしても出来なかった。
だからせめて、幸せを与えられればと思った。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Durandal

  • Author:Durandal

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索