いよいよか!

05-0120-2.jpg

猫フラフープ!?コラだよね。うん。


今日は報告があるのでもうひとつ日記を書きます。
今日は、引越しをする家の上棟式を行いました。
まぁ上棟式と言っても形だけで、ようするに電気の配線や水周り等の説明を受けただけなんですが。
説明を受ける事よりも家の中がとにかく寒くて、早く説明終わらないかな~と思ってしまいました。自分の家の事なのにこれはいかんですね。

しかしいよいよ引越しの日が近づいてきたんだなぁ~と思いました。
あと2ヶ月かな?
そろそろ準備を始めなければいけませんね。


…ここから先、どうか笑わないで読んで欲しい。
私はこの引越しで、ようやく自分一人だけの部屋を持つことができます。
今使っている部屋は兄貴と同部屋です。
「今時中学生でも自分の部屋くらいあるよ!」と思ったかもしれません。
あるいは小学生でも個人の部屋があるかもしれませんね。
「アレとかどうしてるんだ?」とか思ったでしょう。
「もう24歳だろう?部屋が欲しいなら一人暮らしでも始めたらどうだ?」と勧めてくる人もいるかもしれません。

でも私は家族を離れて一人で暮らしていく自信も勇気も技量も仕事もないんです。
私は中学2年の「自分にとっては大きな決断」の日から、人を選んで友達を作るようになりました。
最初のうち、それは単なる警戒でしたが、だんだん臆病になり、結局今ではリアルの友達は一人もいません。

そんな私を支えてくれた家族に感謝こそすれ、恨んだり、個人の部屋が欲しいとは思いませんでした。
一人暮らしを始めたら、きっと腐って死んでしまうでしょう。
結局、人は一人では生きていけないのだから。
これまでずっと孤独に生きてきた私が言うんだから間違いないと思います(これはかなりの誇張です。流してください)。
家族の支えが無ければきっとさらに腐っていたでしょう。
いくら感謝してもし足りないくらいです。
だから、これから平穏に暮らしていくためにも、早く仕事について、友達を増やして(今ではネットの友達が沢山いる。もう一人じゃない)、一人で生きていく力をつけていこうと思います。

コメント

であごすちーに

初レス!
部屋の話。私は兄弟がいないので相部屋ってのは
余り分からない感覚で、小さい頃から一人部屋があったから
一人の居心地のよさに慣れてしまってる。
だから一人暮らしした時も大して変化はなかったかな。
掃除・洗濯・料理にしてもしなきゃならない時は私はする人間で
実家にいるとどうしても甘えて何もしなくなるので。
そして今は実家にいる。
仕事にもつかずにのんびり過ごしてる私に、構わんといってくれる父親には感謝してる。
けどやっぱりこのままじゃいかんなーとは思う。
親はいいよって言うてくれてもやっぱり心配はかけてるわけで
女なら結婚しちゃえばいいだろけど、男はそうもいかん。
なので焦ってしまいがちになって、なーなーになってしまう毎日。
でも自分を変えられるのは、他人の影響もあるだろうけど
最後に決断するのは自分。
どこかで踏み出してみるしかないんだよねぇ。
なので私は今一歩踏み出してみようかなとしてる所です。
なんて硬いレスになっちゃったけど!
楽しく毎日過ごしていこう。それが最大の親孝行です。

親孝行、か…

私は、掃除や洗濯は始めるとどんどん片付けていくタイプです。
でも料理ぜんぜんダメ。
なんにも作れない。
これから何をして生きていくにしても料理のスキルは役に立つだろうから、料理できるようにがんばってみようかしら。

初カキコ

こんばんは~
私は実家に戻ってきてから、親のありがたさをとても感じるようになりました。
一歩踏み出すというのは難しいですよね、私は東京に留まるか実家に戻るかでかなり悩みました。
結果、実家に戻りましたがその時の私にとってはとても勇気の要る決断だったと思っています。
今の私は会社員をしてるわけですが、この何気なく過ごしてる日々をちょっと変えようと模索中です。
簡単な話、趣味探しですね(^^
就職もそうですが気負いすぎない程度に色々とやってみてはどうでしょうかヽ(´▽`)/?

気負い過ぎない程度、か…

みんなの言葉が温かい。・゚・(ノД`)・゚・。
友達っていいもんだなぁ。

今はきっといろいろ出来るチャンスだと思うからなにか私も探してみようかしら。
非公開コメント

プロフィール

Durandal

  • Author:Durandal

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索