変な日記9

全力で走らなければいけない。
しかし、一体どこに向かって走ればいいのだろう。

変な日記8

うずめた記憶は、ほじくり出す時に痛い。
深ければ深いほど。

変な日記7

僕は君の不幸を吸い取ってしまいたかったが、どうしても出来なかった。
だからせめて、幸せを与えられればと思った。

プロフィール

Durandal

  • Author:Durandal

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索